クレカ

クレカ

持って得するカードはこれ!

通販ナビ139 > クレカ

クレジットカード 審査

クレカを持つには、審査に通る必要がありますが、これ、結構、通らない人もいるようです。
でも、通る必殺技とか、裏ワザというのは、無いようです。
大切なのは、申し込み時に、正確に、必要な情報をすべて記入する。
嘘は書かなない・・こと。
例えば、他社で借入があるのに「なし」と書けば、虚偽ですし、これに関しては、審査時にすぐにバレます。
年収は、実際に、調べられる事は無いようですが、年齢、勤続年数、業界の平均値などから、あまりに剥離した金額だと、あやしいという印象を与えかねません。
なので、真実を正確に!
勤続年数が3年くらいあって、ごく普通のサラリーマンが通らないというのは、あまり聞きませんので、大抵の方は、正確に、素直に書けば、通る筈です。

まあ、年収なんかは、実は190万円を200万円とか、勤続年数1年10ヵ月を2年とか、その程度の「盛り」は、大した問題じゃないとの事です。

クレジットカード ランク

クレカにはランクがあります。
一般、ゴールド、プラチナ、ブラック等々・・・

ランクの高いクレカは、特典も良いですが、年会費も、かなりかかります。
「俺、クレカ、ブラックだぜ」なんてクレカ自慢する人もいますが、ブラクッククラスだと、自慢になる位、会費も高いです^^;
このページでは、基本的に年会費無料の一般クレカについて、書いてみようと思います。決して、一般クレカだけが、お勧めというわけではありませんが、年会費が発生するものは、使い方によって、損得が、はっきり分かれるので、一般論としては難しくなります。

クレジットカード おすすめ

まず、最初のクレカとして、おすすめなのは「楽天カード
当然ですが、楽天で買い物をする場合、このクレカが圧倒的にお得!
楽天に売ってないものって殆どないです。ちょっと意識して、楽天の店舗を選べば、知らないうちにポイントがドーンと貯まってます。
それに、入会時のポイントプレゼントもうれしい!
いつ作っても、2,000~8,000ポイント位付きます。
下のバナー、ポイントが高くなってる時は、その数字が出ます。
8,000ポイントになるのは、年に数回、72時間限定とかですが、もし、8,000になってたら、その時は、絶対に「作り時」です!
過去最大は8,500ポイントだそうですが、私は、見た事ありません。
もし、8,500になってたら、迷わずクリックです!
5,000ポイント以上なら「お得」な時です。
すぐに必要なら、4,000ポイントでもOKかな・・・でも、3,000以下の時は、待った方が良いと思います。

お勧めポイントは、
・楽天市場での買い物は、いつでもポイント2倍。
・ネット不正安心制度、不正使用されても保障されます!
・クレカ利用のお知らせメールが来るので、不正使用に気づきやすく安心
・このクレカで旅行代金の決済をしていれば、海外旅行保険が付帯

でも、この楽天カードにも弱点があります
ETCカードを使う場合、年会費がかかります。(540円/年)
もう1つ、特典としても、あげてますが、楽天の海外旅行保険は、利用付帯と言って、ツアー費用や、出国前の公共交通機関の代金をこのクレカで、支払っている必要があります。

こういう弱点は、もう1枚のクレカで補う事が出来ます。
それが、JCB EIT(ジェーシービーエイト)カードです。

これも年会費無料。
ETCカードも無料。
そして、海外旅行保険が自動付帯。
事前に何も、申請する必要はありませんし、このクレカで、何かの支払いをする必要もありません。持ってるだけで、保険が有効です。

ただし、このクレカは、リボ専用なのが、特徴だし、注意点でもあります。
ポイント還元率も高いので、リポで使用したい人なら、メインカードにしても良い気がしますが、原則一括払いという人は、セカンドカードとして持たれるのが良いと思います!

実は、私自身もメインカード「楽天」、セカンドカード「JCB EIT」なんです。
海外旅行に行く時は、楽天カードで支払ます。
両方のカードに保険がついてますから、死亡・後遺症害の保障金額以外は、両方の保険を合算した保障が得られます。
この2枚があれば、海外でも、国内でも安心です!

クレカ トップへ戻る

Copyright 2014 © 通販ナビ139 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ